記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Linux ♪ vsftpd のインストールと簡単な設定

現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q vsftpdパッケージ vsftpd はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install vsftpd再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep vsftpdvsftpd-3.0.2-21.el7.x86_64/etc/vsftpd/vsftpd.conf を編集する。(とりあえず、以下の5つ)anonymous_enable=NO(匿名での接続を不可)chroot_local_user=YES(ログインディレクトリをルートディレクトリとし、上...

続きを読む

CentOS 7 ♪ インストール

まず、メディア を挿入もしくは、iso をマウントし、起動する。≪ CentOS Linux 7 ≫「Install CentOS Linux 7」(一番上)を選択する。≪ WELCOME TO CENTOS LINUX 7. ≫≪ What language would you like to use during the ~ ≫「日本語」→「日本語(日本)」を指定し、「続行」≪ インストールの概要 ≫「ソフトウェアの選択」で、「最小限のインストール」を指定し、「完了」「ネットワークとホスト名」で、イーサネット を「オン」に...

続きを読む

CentOS ♪ OS とバージョンの確認方法

/etc/redhat-release というファイル内に記述されているので、見てみるだけ。redhat 系であれば、以下と同様に確認できる。$ cat /etc/redhat-releaseOS のバージョンとアーキテクチャ(ビット数)が確認できれば、動作環境の近いテスト機が作成できます。⇒ 32、64 ビットの確認....

続きを読む

Basic 認証 .htaccess の雛形

AuthUserfile /var/www/.htpasswdAuthName "Please enter your ID and password"AuthType Basicrequire valid-user.htpasswd は DocumentRoot の外側に設置したい。以下は .htpasswd の例.htpasswd を 新規作成$ htpasswd -c /var/www/.htpasswd suzukiパスワードも引数として指定し、新規作成$ htpasswd -cb /var/www/.htpasswd suzuki passwordユーザーを 追加(パスワードを上書きする場合も同様)$ htpasswd /var/www/.htpassw...

続きを読む

Linux ♪ scp コマンドをインストール

scp コマンドを使用したい場合は、openssh-clients をインストールする。yum で インストール する。# yum install openssh-clients⇒ scp でのファイル転送の例....

続きを読む

/bin/sh^M: 誤ったインタプリタです: そのようなファイルやディレクトリはありません

/bin/sh^M: 誤ったインタプリタです: そのようなファイルやディレクトリはありません/bin/sh^M: bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありませんなどのエラーとなる場合、、、Windows 環境で作成したファイルは、改行コードが \r\n となっている場合があるので、\r を取り除く。$ sed -i 's/\r//' ./a.sh(別の方法)a.sh の \r を取り除き、b.sh へ出力する。$ cat ./a.sh | tr -d '\r' > ./b.sh\r の有無を cat ...

続きを読む

crontab を使ってみる。

スクリプトは、date.sh を使用する事にします。使用するユーザーでログインし、$ crontab -eおそらく、vi エディタでの編集モードとなるので、以下のように追記し保存する。* * * * * /home/suzuki/script/date.sh* は、左から 分、時、日、月、曜日 です。* のままだと、毎分、毎時、毎日、、、です。毎日、14 時、毎分で実行する場合* 14 * * * /home/suzuki/script/date.shあと、,(カンマ)で複数の値を指定したり、-(ハイフ...

続きを読む

簡単なシェルスクリプトを書いてみる。

日付と時間を出力してみる。#!/bin/shYMD=`date +%Y%m%d`date >> /tmp/date_${YMD}.txt#!/bin/shの部分は、which sh で sh のパスを確認した場合、/bin/shとなっているのでそうなっているのだと思う、、、多分。上記を date.sh などのファイル名で保存、chmod で実行権限を与えて、実行してみる。$ ./date.shphp を使用するのであれば、/usr/bin/php などのパスとなるので、#!/usr/bin/php と記述するのであろう、、、多分。#!/usr...

続きを読む

PostgreSQL の接続設定(簡単)

以下をなんとなく参考にして書く。クライアントの認証を設定する。(多分 reload で反映される)設定ファイルの例 ⇒ /var/lib/pgsql/data/pg_hba.confhost all all 127.0.0.1/32   trust (localhost からの接続)host all all 192.168.0.0/24 trust (192.168.0.xxx からの接続)listen_addresses を全て許可とする。(多分 restart で反映される)設定ファイルの例 ⇒ /var/lib/pgsql/data/postgre...

続きを読む

Samba ♪ ホームディレクトリをブラウズ不可にする。

suzuki などとなっている ホームディレクトリ の ブラウズを不可 にする場合、global の設定領域の何処かへ browseable = no を追記する。[global]browseable = nosamba を リロード する。# systemctl reload smb.service(CentOS 7 以上の場合)# /etc/rc.d/init.d/smb restart(CentOS 6 以下の場合)homes の browseable が yes となっていると、ホームディレクトリ が homes として表示されるので、no としておく。global と ...

続きを読む

Samba ♪ 共有ディレクトリを作成、設定する。

共有ディレクトリを用意し、smb.conf へ以下のように追記します。smb.conf の位置を確認する場合は、# testparm共有ディレクトリ名を dummy とする場合(以下のように追記)[dummy]path = /var/dummyread only = nobrowseable = yessamba を リロード する。# systemctl reload smb.service(CentOS 7 以上の場合)# /etc/rc.d/init.d/smb restart(CentOS 6 以下の場合)      ディレクトリを作成する例# mkdir /var/dummy# ...

続きを読む

Linux ♪ Samba のインストール

現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q sambaパッケージ samba はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install samba再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep sambasamba-common-3.0.33-3.41.el5_11samba-3.0.33-3.41.el5_11samba を 起動 する。(CentOS 7 以上の場合)# systemctl start smb.service(CentOS 6 以下の場合)# /etc/rc.d/init.d/smb start自動起動 の設定をする。(Ce...

続きを読む

CentOS 5.11 ♪ インストール

メディア を挿入もしくは、iso をマウントし、起動する。≪ boot: ≫そのまま Enter キー≪ CD Found ≫「Skip」≪ CentOS ≫「Next」≪ What language would you like to use during the ~ ≫Japanese(日本語) を選択し、「Next」≪ このシステム用の適切なキーボードを選択します。 ≫日本語 を選択し、「次」(再インストールの場合)≪ 見出し無し ≫インストール CentOS を選択し、「次」(初回インストールの場合)≪ 警告 ≫(ドライブ...

続きを読む

CentOS ♪ ネットワークが使用できない場合

CentOS 6 のインストール直後、system-config-network-tui をインストールしようとしたが、そもそも yum が使用できない場合など。ifconfig では Loopback のみ表示されるが、ifconfig -a では eth0 などが表示される事を確認する。eth0 であれば、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を開き、ONBOOT=yesと変更し、ネットワークを再起動 する。# /etc/rc.d/init.d/network restart....

続きを読む

CentOS 6.8 ♪ インストール

CentOS 6.9 も以下と同様の操作でインストールできます。まず、メディア を挿入もしくは、iso をマウントし、起動する。≪ Welcome to CentOS 6.8! ≫Install or upgrade an existing system(一番上)を選択する。≪ Disc Found ≫「Skip」≪ CentOS 6 ≫「Next」≪ What language would you like to use during the ~ ≫Japanese(日本語) を選択し、「Next」≪ このシステム用の適切なキーボードを選択します。 ≫日本語 を選択し、「次...

続きを読む

今のうちに CentOS 5 をダウンロードする。

メンテナンス更新期限が 2017/03/31 となっているし、今のうちにダウンロードしておく。⇒ Download - CentOS Wiki現在の最新は、、、バージョン最新リリース日CentOS 55.112014/09/30CentOS 66.82016/05/25CentOS 77.3-16112016/12/12⇒ CentOS 5.11 ♪ インストール⇒ CentOS 6.8 ♪ インストール⇒ CentOS 7.3 ♪ ネットワークインストール....

続きを読む

SSL サーバー証明書 ♪ 以前の CSR を参照し情報(ディスティングイッシュネーム)を確認する。

CountryState or ProvinceCity or LocalityOrganizationOrganization UnitCommon Nameなど。# openssl req -in ./csr.pem -text# openssl req -in ./csr.pem -text | head....

続きを読む

SSL サーバー証明書 ♪ CSR とは

Certificate Signing Request の略称、SSL サーバー証明書を発行するための 署名要求 です。-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----で始まり、、-----END CERTIFICATE REQUEST-----で終わる。よくある拡張子は、内容が CSR である事を示す *.csr です。内容がテキストである事を示し、csr.txt のようにしている場合、エンコードされたテキストである事を示し、csr.pem のようにしている場合もある。SSL サーバー証明書では無い。....

続きを読む

mysqldump やクライアントの文字コードを変更したい。

以下は、5.5.47-MariaDB で EUC を使用する場合の例です。/etc/my.cnf.d/mysql-clients.cnf → [mysqldump] の設定へ以下を追記し、再起動する。default-character-set = ujis/etc/my.cnf.d/client.cnf → [client] の設定へ以下を追記し、再起動する。default-character-set = ujis....

続きを読む

MySQL(MariaDB)で文字化けする場合

以下は、5.5.47-MariaDB の場合の記録です。 [mysqld] の設定へ以下を追記し、再起動する。skip-character-set-client-handshake設定ファイルは以下のどちらか/etc/my.cnf/etc/my.cnf.d/server.cnf....

続きを読む

MySQL(MariaDB)サーバーのバージョンの確認方法

サーバーへ接続し、以下のようにする。MariaDB [(none)]> SELECT version();もしくは、status で確認する。MariaDB [(none)]> ¥sMariaDB [(none)]> statusの Server version を確認する。mysqladmin から確認する場合$ mysqladmin -uroot -p version以下はクライアントのバージョン確認$ mysql --version$ mysqladmin --version....

続きを読む

.htaccess でデフォルトのトップページを変更する方法

.htaccess へ DirectoryIndex を記述する。DirectoryIndex index.html index.php main.php index.cgiより左側へ記述したファイルの優先順位が高い。....

続きを読む

.htaccess を有効にする。

httpd.conf や conf.d/xxx.conf などの適宜な AllowOverride を All に変更し、リロード(再起動)する。<Directory "/var/www/html">...AllowOverride All...</Directory>      httpd の リロード# systemctl reload httpd.service.Allow Over ride 効かない 有効 無効...

続きを読む

mysqldump でタイムスタンプがずれる件

      mysqldump コマンド を使用する場合オプション --skip-tz-utc を追加して出力する。$ mysqldump --skip-tz-utc --user=root ...      phpMyAdmin を使用している場合エクスポートで 詳細 を選択し、「TIMESTAMP のカラムを UTC (協定世界時) でダンプする」のチェックを外し、実行する。....

続きを読む

yum list で RPM パッケージと取得先のリポジトリを確認する。

例えば、phpMyAdmin がインストールできるか調べる場合# yum list phpMyAdminデフォルトで使用しない設定となっている EPEL リポジトリを含め、調べる場合# yum list phpMyAdmin --enablerepo=epel      使用可能なリポジトリを調べる場合# yum repolist# yum repolist --enablerepo=epel....

続きを読む

MySQL へデータを流し込んで復元する(インポート)

      データベース内にテーブル等を復元する場合の例$ mysql -uroot -p dbname < dummy.sql$ mysql --user=root --password dbname < dummy.sql復元先のデータベース名を変更できます。      データベースを指定しない場合の例$ mysql -uroot -p < dummy.sql$ mysql --user=root --password < dummy.sqlユーザー作成の際に使用したりする。....

続きを読む

Linux ♪ PHP へ PostgreSQL モジュールをインストール

現在の モジュール を確認する。# php -m | grep pgsqlyum で インストール する。# yum install php-pgsql再度、モジュール を確認する。# php -m | grep pgsqlpdo_pgsqlpgsqlhttpd を 再起動 する。# systemctl restart httpd.service⇒ PHP のインストール⇒ PostgreSQL の接続設定....

続きを読む

Linux ♪ PHP へ MySQL 拡張モジュールをインストール

現在の モジュール を確認する。# php -m | grep mysqlyum で インストール する。# yum install php-mysql再度、モジュール を確認する。# php -m | grep mysqlmysqlmysqlipdo_mysqlhttpd を 再起動 する。# systemctl restart httpd.service....

続きを読む

Linux ♪ WordPress のインストール

1. MySQL(MariaDB)ユーザーを作成 する。2. WordPress を設置する。# cd /usr/local/src# curl -LO https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz# tar -xzvf latest-ja.tar.gz# mv /usr/local/src/wordpress /var/www/html/.# cd /var/www/html# chown -R apache:apache /var/www/html/wordpress3. ブラウザから接続し、データベース等を設定する。例)http://192.168.1.100/wordpressひとつのデータベースに複数の WordPress ...

続きを読む

Apache2.4系へのバーチャルホスト設定の例

/etc/httpd/conf.d へ vh.conf を設置し、www.hoge.com を設定する。拡張子が .conf ならば、ファイル名は適当で良い。<VirtualHost *:80> ServerName dummy.com DocumentRoot /var/www/html/dummy</VirtualHost><VirtualHost *:80> ServerName www.hoge.com DocumentRoot /var/www/html/hoge ErrorLog logs/www.hoge.com-error_log CustomLog logs/www.hoge.com-access_log combined</Vir...

続きを読む

Linux ♪ SFTP の参照ディレクトリを制限する。

SFTP の指定ユーザーへ chroot を設定し、sshd を 再起動 します。必要であれば、新しいディレクトリを作成する。# mkdir /home/suzuki/chroot_directorychroot ディレクトリと上位ディレクトリ全て を所有権 root、アクセス権限 755 へ変更する。# chown -R root:root /home/suzuki# chmod -R 755 /home/suzukiユーザーは、chroot ディレクトリ直下へ書き込みができない ので、chroot ディレクトリ直下へディレクトリを作成し、所...

続きを読む

Linux ♪ SFTP を無効にする。

/etc/ssh/sshd_config の SFTP 事項を コメントアウト し、sshd を 再起動 します。...# override default of no subsystemsSubsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server...↓...# override default of no subsystems#Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server...      sshd を 再起動 します。# systemctl restart sshd.serviceSFTP を無効にしても、ログイン可能なユーザーは SCP が利用でき...

続きを読む

MySQL(MariaDB)♪ データベースとユーザーの新規作成

例えば、、、データベース名 → database_wordpress1ユーザ名 → user_wordpress1パスワード → password_wordpress1の場合は以下# mysql -uroot -pEnter password:MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE database_wordpress1;MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON database_wordpress1.* TO 'user_wordpress1'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password_wordpress1';MariaDB [(none)]> GRA...

続きを読む

Linux ♪ phpMyAdmin のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ phpMyAdmin を インストール した例です。現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q phpMyAdminパッケージ phpMyAdmin はインストールされていません。yum で インストール する。# yum --enablerepo=epel install phpMyAdmin→ EPEL リポジトリの追加方法再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep phpMyAdminphpMyAdmin-4.4.15.5-1.el7.noarch/etc/httpd/conf.d/...

続きを読む

Linux ♪ EPEL リポジトリを追加する。

現在のリポジトリ設定ファイルを確認する。# ls /etc/yum.repos.depel.repo ファイルが存在しなければ、登録する。# yum install epel-releaseデフォルトで使用しないので、/etc/yum.repos.d/epel.repo の enabled=0 へ修正する。エディタでの編集が面倒な場合は、以下sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/epel.repo....

続きを読む

Apache ♪ AH00558: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using ...

httpd.conf の ServerName が設定されていない。/etc/httpd/conf/httpd.conf を編集する。⇒ Apache をインストールする。....

続きを読む

Apache ♪ AH00557: httpd: apr_sockaddr_info_get() failed for ...

hostname が /etc/hosts に記述されていない。hostname を /etc/hosts の 127.0.0.1 へ追加する。⇒ ホスト名の変更⇒ Apache をインストールする。....

続きを読む

Linux ♪ PHP のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ PHP を インストール した例です。現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q phpパッケージ php はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install php php-mbstring php-gd再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep phpphp-cli-5.4.16-36.el7_1.x86_64php-mbstring-5.4.16-36.el7_1.x86_64php-common-5.4.16-36.el7_1.x86_64php-5.4.16-36.el7_1...

続きを読む

Linux ♪ SSH で root のログインを許可、禁止

/etc/ssh/sshd_config を以下のように編集する。root でのログインを 許可 する。PermitRootLogin yesroot でのログインを 禁止 する。PermitRootLogin no      sshd を 再起動 します。# systemctl restart sshd.service....

続きを読む

Linux ♪ SELinux の設定変更

運用前の設定時は disabled とし、運用中は enforcing とする。デバッグ等で permissive を使用するような感じ。インストール後、直ちに disabled へ変更するのが比較的一般的なのではないかと思う。/etc/selinux/config を以下のどちらかのように編集し、再起動(reboot)する。違反するアクセスを 拒否 し、ログに書き出す。(enforcing)SELINUX=enforcing違反するアクセスを 許可 し、ログに書き出す。(permissive)SELINUX=p...

続きを読む

Linux ♪ ホストネームの変更

ホスト名 の設定ファイルは、/etc/sysconfig/network → /etc/hostname へ変更となったらしい。1. /etc/hostname を編集します。# vi /etc/hostnamehoge.dummy.com2. /etc/hosts の 127.0.0.1 へも、上記の ホスト名 を 追加 する。3. 再起動# reboot一時的な変更であれば、以下# hostname hoge.dummy.com⇒ ユーザーを作成する。....

続きを読む

Linux ♪ MySQL(MariaDB)のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ MariaDB を インストール した例です。CentOS 7 以降、MySQL → MariaDB となったらしい。現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q mariadb-serverパッケージ mariadb-server はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install mariadb-server再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep mariadbmariadb-libs-5.5.47-1.el7_2.x86_64mariadb-5.5.47-...

続きを読む

Linux ♪ Apache のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ Apache を インストール した例です。現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q httpdパッケージ httpd はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install httpd再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep httpdhttpd-tools-2.4.6-40.el7.centos.x86_64httpd-2.4.6-40.el7.centos.x86_64/etc/httpd/conf/httpd.conf の ServerName 編集する。httpd...

続きを読む

Linux ♪ man を日本語にする。

日本語のマニュアルがインストールされているのであれば、環境を 日本語 へ変更するだけ。      LANG の確認# echo $LANGja_JP.UTF-8ja_JP.UTF-8 であれば、日本語環境 で利用している状態。一時的 に日本語環境へ変更する場合は、# export LANG="ja_JP.UTF-8"恒久的 に日本語環境へ変更する場合は、システムのロケールを変更する。      インストール日本語環境へ変更しても、man が日本語にならない場合は、そもそも日...

続きを読む

Linux ♪ システムのロケールを変更する。

以下の A か B の手段で変更する。A. /etc/locale.conf を編集し、再ログインする。LANG="ja_JP.UTF-8"B. localectl コマンド で設定し、再ログインする。# localectl set-locale LANG="ja_JP.UTF-8"バージョンの古い Linux の場合は、/etc/sysconfig/i18n を編集し、再ログインする。....

続きを読む

Linux ♪ PostgreSQL のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ PostgreSQL を インストール した例です。現在の RPM パッケージ を確認する。# rpm -q postgresql-serverパッケージ postgresql-server はインストールされていません。yum で インストール する。# yum install postgresql-server再度、RPM パッケージ を確認する。# rpm -qa | grep postgresqlpostgresql-9.2.15-1.el7_2.x86_64postgresql-libs-9.2.15-1.el7_2.x86_64postgresql-s...

続きを読む

コマンドで FTP を使用したい。

$ ftp dummy.host.nameftp> lsftp> cd ./dummydirectorynameftp> binftp> get dummyfilenameftp> quit....

続きを読む

runuser

http://ameblo.jp/itboy/entry-10148229442.html...

続きを読む

sudo, visudo

特定ユーザにのみ tty 無しでの sudo を認める...

続きを読む

mail コマンドの使い方

http://www.uetyi.com/server-const/command/entry-166.html...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。