記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

PHP ♪ fgetcsv での文字化けについて

参考Shift_JIS の CSV ファイルを読み込もうとした際、文字化けしてしまった。その際のコードは以下のような感じ(文字化けする)function dummy( $filename ){ $data = array(); $fp = fopen( $filename, "r" ); while( ( $buffer = fgetcsv( $fp ) ) !== FALSE ) {  $data[] = $buffer; } fclose( $fp ); return $data;}以下のように修正した。function dummy( ...

続きを読む

Samba ♪ ホームディレクトリをブラウズ不可にする。

suzuki などとなっている ホームディレクトリ の ブラウズを不可 にする場合、global の設定領域の何処かへ browseable = no を追記する。[global]browseable = nosamba を リロード する。# systemctl reload smb.service(CentOS 7 以上の場合)# /etc/rc.d/init.d/smb restart(CentOS 6 以下の場合)homes の browseable が yes となっていると、ホームディレクトリ が homes として表示されるので、no としておく。global と ...

続きを読む

Samba ♪ 共有ディレクトリを作成、設定する。

共有ディレクトリを用意し、smb.conf へ以下のように追記します。smb.conf の位置を確認する場合は、# testparm共有ディレクトリ名を dummy とする場合(以下のように追記)[dummy]path = /var/dummyread only = nobrowseable = yessamba を リロード する。# systemctl reload smb.service(CentOS 7 以上の場合)# /etc/rc.d/init.d/smb restart(CentOS 6 以下の場合)      ディレクトリを作成する例# mkdir /var/dummy# ...

続きを読む

Linux ♪ CentOS 6 でポートを開放する方法

system-config-firewall-tui コマンドを使用すると便利。インストール 方法については、下部へ記述しました。# system-config-firewall-tui「Customize(カスタマイズ)」を選択(次に表示される画面で、)単純にポートを開放したいのであれば、任意のサービスへチェックし、「Close(閉じる)」「OK」(で、画面を閉じる)Warning(警告)が表示されるので、「Yes(はい)」開放ポートの確認は、他のマシンで nmap コマンドを使用...

続きを読む

Linux ♪ CentOS 5 でポートを開放する方法

system-config-securitylevel-tui コマンドを使用すると便利。setup コマンドで、「Firewall configuration(ファイヤーウォールの設定)」でも、起動します。# system-config-securitylevel-tui「Customize(カスタマイズ)」を選択単純にポートを開放したいのであれば、「Allow incoming(受信を許可)」の任意のサービスへチェックし、「OK」「OK」開放ポートの確認は、他のマシンで nmap コマンドを使用する。⇒ CentOS ...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。