記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

MT4 ♪ 最適化して、仕掛けてみる。

とりあえず、「最適化」という機能を信じ、本口座に EA(MACD Sample.mq4)を仕掛けてみるまで。まず、過去一年(2016/08/01~2017/07/31 の H1)に対して、それぞれの値を最適化してみました。TakeProfit:1115Lots:0.28(おそらく、初期証拠金を 20 万円としたので)TrailingStop:32MACDOpenLevel:8.2MACDCloseLevel:14.3MATrendPeriod:69んで、実際に適用した値は以下(H1)TakeProfit:10000Lots:0.2(初期証拠金 10 万...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderModify)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。注文の変更例:OrderModify( OrderTicket(), OrderOpenPrice(), Bid-Point*TrailingStop, OrderTakeProfit(), 0, Green );第1引数:チケットの番号第2引数:新しい注文価格(待機注文中の場合)第3引数:新しい損切り価格第4引数:新しい利益確定の価格第5引数:新しい有効期限(待機注文中の場合)第6引数:注文位置の色成功すると TRUE、失敗した場合は FALSE を返すらしい...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderStopLoss 他)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。● OrderStopLoss 関数選択された注文の 損切り価格 を返す。(OrderSelect 関数で選択された注文に対して)● OrderTakeProfit 関数選択された注文の 利益確定の価格 を返す。らしいよ。MT4(次の記事)MT4(前の記事)MT4(最初の記事)MT4....

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderClose)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。決済する部分例:OrderClose( OrderTicket(), OrderLots(), Bid, 3, Violet );第1引数:チケットの番号第2引数:ロット数第3引数:決済価格第4引数:最大スリッページ(ポイント単位の値)第5引数:決済できた場合?の決済位置の色成功すると TRUE、失敗した場合は FALSE を返すらしい。追加のエラー情報を取得するには、GetLastError 関数を呼び出す必要があります。今更なが...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderType 他)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。● OrderType 関数注文の種別を数値で返す。(OrderSelect 関数で選択された注文に対して)OP_BUY で注文した場合 0、OP_SELL で注文した場合は 1 らしい。● OrderSymbol 関数選択された注文の 通貨ペア名 を返す。● OrderTicket 関数選択された注文の チケットの番号 を返す。● OrderLots 関数選択された注文の ロット数 を返す。らしいよ。MT4(次の記事)MT4(前の記事)MT4(最初...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderSelect 他)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。● OrderSelect 関数OrderSelect 関数は、注文の選択 に使用するらしい。戻り値は、選択できた場合 TRUE で、失敗した場合 FALSE を返す。例:OrderSelect( ticket, SELECT_BY_TICKET, MODE_TRADES );第1引数:インデックス か チケットの番号(上記の例はチケットの番号が格納されていると思われる変数 ticket を指定している。)第2引数:選択方法(SELECT_BY_TICKET の場合、第...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrderSend)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。いよいよ、新規注文(取引を始める)の部分(OrderSend)を確認します。例:ticket = OrderSend( Symbol(), OP_BUY, Lots, Ask, 3, 0, Ask+TakeProfit*Point, "macd sample", 16384, 0, Green );第1引数:通貨ペア(Symbol 関数を用いれば、EA を適用したチャートの通過ペアを指定できる。)第2引数:注文の種類(OP_BUY の場合、成行買い。OP_SELL の場合、成行売りなど。)第3...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(MathAbs 他)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。● MathAbs 関数絶対値だよね、きっと。(未確認)● Point(変数)最小変動単位の数値が取得できるようだ。(確認済)USDJPY なら 0.001、EURUSD なら 0.00001(1e-05)ってな感じで。MT4(次の記事)MT4(前の記事)MT4(最初の記事)MT4....

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(OrdersTotal 他)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。● OrdersTotal 関数建玉(ポジション)の数と待機中注文数を合わせた数を数値で取得できるみたい。(確認済)● AccountFreeMargin 関数余剰証拠金 の数値が取得できるようだ。(確認済)ほう。余剰証拠金が ( 1000 * Lots ) 未満の場合、リターンってなってるけども。少なすぎない?テスターの初期証拠金のデフォルト値が 10000 だからなのかな。MT4(次の記事)MT4(前の記事)MT4...

続きを読む

MT4 ♪ EA ソースを確認してみる。(iMA)

EA(MACD Sample.mq4)のソース確認の続きです。今回は、MaCurrent、MaPrevious の値を取得する部分(iMA)を確認する。iMA 関数は、移動平均線 の値を取得できるようだ。例:iMA( NULL, 0, 26, 0, MODE_EMA, PRICE_CLOSE, 0 );第1引数:通貨ペア(NULL の場合、EA を適用したチャートの通過ペアになる。)第2引数:時間足(0 の場合、チャートの現在の時間足)第3引数:移動平均線(Moving Average)パラメーターの期間第4引...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。