記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hyper-V のディスクサイズを拡張する。


以下の操作は、一例です。



01. 仮想マシンを シャットダウン する。

02. 仮想マシンの全ての チェックポイントを削除 する。(Hyper-V マネージャー)

03. 仮想マシンの「設定」(右クリック → 設定)

04. 任意の ハード ドライブ(仮想ハード ディスク)を「編集」



「次へ」(仮想ハード ディスクの場所)

「拡張」を選択し、「次へ」(操作の選択)

新しいサイズを指定し、「次へ」(仮想ハード ディスクの拡張)

確認し、「完了」



上記の手順後、OS を起動させると新しいディスクサイズを認識する。

後は、OS 上で設定する。



単純な LVM の拡張であれば、以下のようにする。(CentOS 7 の場合)

# fdisk /dev/sda

・ fdisk で LVM パーティションを削除し、再度作成する。(データは消えませんでした。)
・ 仮想マシンを 再起動

# pvresize /dev/sda2

# lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root

# xfs_growfs /dev/centos/root



.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。