記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux ♪ MySQL(MariaDB)のインストール

以下は CentOS 7.2(最小限のインストール)へ MariaDBインストール した例です。



CentOS 7 以降、MySQLMariaDB となったらしい。



現在の RPM パッケージ を確認する。

# rpm -q mariadb-server
パッケージ mariadb-server はインストールされていません。




yumインストール する。

# yum install mariadb-server




再度、RPM パッケージ を確認する。

# rpm -qa | grep mariadb
mariadb-libs-5.5.47-1.el7_2.x86_64
mariadb-5.5.47-1.el7_2.x86_64
mariadb-server-5.5.47-1.el7_2.x86_64




起動前に初期状態のバックアップをとる。

# cd /var/lib
# cp -Ra mysql mysql.backup




自動起動 の設定をする。

# systemctl enable mariadb
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.




mariadb起動 する。

# systemctl start mariadb.service




現状の 文字コード を確認する。

# mysql
MariaDB [(none)]> ¥s
...
Server characterset: latin1
Db characterset: latin1
Client characterset: utf8
Conn. characterset: utf8
...
MariaDB [(none)]> ¥q




/etc/my.cnf.d/server.cnf を編集し、文字コード を指定する。

...
# this is only for the mysqld standalone daemon
[mysqld]
character-set-server = utf8
...




mariadb再起動 し、文字コード を確認する。

# systemctl restart mariadb.service
# mysql
MariaDB [(none)]> ¥s
...
Server characterset: utf8
Db characterset: utf8
Client characterset: utf8
Conn. characterset: utf8
...
MariaDB [(none)]> ¥q




      root パスワード 設定などの 初期設定 をする。

# mysql_secure_installation


(無視する)/usr/bin/mysql_secure_installation: 行 379: find_mysql_client: コマンドが見つかりません


Enter current password for root (enter for none): ※ Enter

Set root password? [Y/n] ※ Y

New password:

Re-enter new password:

Remove anonymous users? [Y/n] ※ Y

Disallow root login remotely? [Y/n] ※ Y

Remove test database and access to it? [Y/n] ※ Y

Reload privilege tables now? [Y/n] ※ Y
.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。